返品処理で現金化する方法はあるの?

現金化の方法は様々あります。
返品処理を利用して現金化することができるのをご存知でしょうか。
これは簡単にいえば、クレジットカード決済で商品を購入しており、それを返品すると現金を受け取れるのです。

注意すべきは、返品は翌日以降にするということです。
クレジットカード決済をしたものというのは、当日中であればクレジット処理の取り消しで済まされます。
そのため、現金を受け取ることができないのです。

しかし、翌日以降になるとデータがカード会社送られてしまいますので、取り消し処理ができなくなってしまうのです。
となると、そのままでは口座から引き落とすことができないことになりますので、お店は現金で返金を行うことになります。
この方法であれば、100%換金されますので換金率を考慮する必要もないのです。

5万円ほどのバッグをクレジットカード決済において購入して、バッグの金属部分に錆びが見つかるなどして返品をし、現金を受け取る、といった流れになります。
初めからショッピング枠現金化を狙って行うわけでなくても、その方法が現金化するうえでの一つの方法であるといえます。
この方法のデメリットは、即現金化ができないことです。

電子マネーの現金化は?

電子マネーを現金化するという方法もあります。
電子マネーというのは、クイックペイやiDなどが代表的なものです。
現金を使わずにさっとかざすだけでとても簡単に決済できるのです。

しかし、全ての支払が電子マネーでできるものではないのです。
現金が足りずに困ってしまった場合には、電子マネーに対してチャージしたお金を現金化したいと思いますよね。

電子マネーはデータのやり取りによって決済できるサービスです。
貨幣そのものの実物がそこに存在するわけではありません。

そのため、現金化のためには特殊な手段を使う以外に方法がなく、現金化は不可能になります。
しかし、場合によっては出金できるものもあります。

まず、電子マネーにはポストペイ式やプリペイド式という種類があります。
ポストペイ式というのは、使った料金を後払いする形式であり、クイックペイやiDなどになります。

プリペイド式は、前もってお金をチャージしておきます。
そして、その金額の範囲内で買い物をする形式になります。

プリペイド式は使いすぎないといメリットがありますが、多めにチャージしてしまうと使いきれずに残ってしまうこともあります。
しかも、使い切れなかった時には原則返金されません。

これはサービス規約で定められていますので、どうすることもできません。
解約した場合にもチャージしていたお金が返ってこないのです。

となると、電子マネーは現金化には向いていないのかと思われるかもしれませんが、実は裏技もあります。

電子マネーによる現金化のコツ

電子マネーを使った現金化の方法ですが、電子マネーは現金などのチャージをして利用するだけでなくポイントを電子マネーに移行できます。

たとえば楽天ポイントです。
楽天を利用していると何かと溜まって来るポイントなのですが、ある程度たまると電子マネーに交換できます。

その他にもポイントサイトの色々なポイントというのは電子マネーに交換できるので、日常から意識してポイントの付く商品を買うなどしていると、想像している以上のポイントがたまることもあります。
これはとても良いお小遣い稼ぎになります。

また、ポイントサイトを経由してクレジットカードを作ることで、数千円から数万円のポイントがキャッシュバックされます。
電子マネーに貯まったポイントを利用し換金率ができるだけ高い商品を購入して転売すると現金を得ることができるのです。

このシステムを利用することで、クレジットカードから電子マネーへとチャージでき、そこで購入したものを転売することで現金化できるのです。

この方法ではクレジットカード決済から転売へという流れに比べてカード利用停止になるリスクを軽減できます。
たら、少し手間のかかる方法ですので、あまりおすすめできません。

電子マネーの現金化は計画的現金化となります。
つまり、今すぐ現金がほしいという人にはおすすめできないのです。

ショッピング枠現金化もあります。
電子マネーにチャージしたお金、ポイントというのは自分のお金と同じです。
クレジットカードのように後で返済する必要はありませんし、購入した後の物品を転売するのも自由です。

クレジットカードで購入をしたものは返済完了まではその商品の所有権はクレジット会社にあります。
そのため、転売することはできません。
このようなことでカード利用停止になるリスクがありますので、このリスクを回避するためには電子マネーを使用した方法は安全性が高いです。

ただ、この場合に絶対的に重要になるのが、電子マネーで購入できる商品になります。
換金率が高いのは商品券等なのですが、電子マネーは決済できず現金における決済だけだとすることが大半です。

コメント