結局現金化は何を選べばいいのか

現金化は、結局何がいいのかと疑問に思われるかもしれません。
賛否両論ありますが、一番は現金化業者を利用している現金化なのではないでしょうか。
換金性の高さだけでいば、商品券やギフト券、さらには新幹線の回数券といったものが理想的です。
しかし、利用停止のリスクも高く手間がかかります。

金券類は利用停止の危険性がとても高いだけではなく、そもそもクレジットカードでの購入に対応していないことも多いです。
これに対して、ゲーム機やブランド品なのであれば、カード会社から比較的怪しまれることなく、購入できます。
ただ、これは絶対ではありません。

換金性の高い物品で、買取店を適切に選べば80%ほどの換金率を叩き出すことができるでしょう。
しかし、まったく手間がなく、即現金化できる現金化業者において、70%台の還元率としたら、どっちが良いのでしょうか。
やはり70%の還元率であっても手間もかからず現金化できる業者を選ぶべきです。

換金率の高い商品をまとめ買いするのは危険?

換金率の高い商品をまとめ買いするのは利用停止の原因になるといわれています。

なんとかショッピング枠の現金化ができないかと困っている方も多いでしょう。
同じように考えている人もとても多く、そのような人たちは換金率の高い商品の現金化を狙っているのです。

しかし、忘れてはならないことがあります。
それは、換金性が高い商品の転売を狙っている人は同じようにたくさんいるということです。
それだけに人気のゲーム機や新しい機種のスマホなどを多くの人が購入してしまい、結果としてプレミアがついています。
そして低下よりも高く買い取られるのです。

このように、ショッピング枠の現金化というのは社会の需給関係にも影響を及ぼすことがあるのです。
そのような理由からも、店舗側から、現金にしてもクレジットカードの決済にしても、購入規制が設けられるのです。
そうとは知らずに、多数の店舗を回ってまとめ買いをしてしまうと、換金目当てなのだと簡単にバレてしまいます。

むしろ、社会的に品薄になるほどの人気商品をクレジットカード決済においてまとめ買いしようと思うのであれば、利用停止になる可能性はとても高いのです。

クレジットカード決済でまとめ買いしようと思えば利用停止になるなる可能性は非常に高いと言えるでしょう。
その一方で、クレジットカード現金化業者を利用した現金化というのは、安心度も高いです。
というのも、決済代行会社を通しているからなのです。

実は、現金化業者を使ったほうがバレにくいです。
換金性の高い商品を自分で売買して現金化をしたり、クレジットカード現金化業者利用したりといった方法があります。
なんとなく、自分で売買してこっそり現金化をしたほうがバレにくいように思われがちですが、実はその逆です。
現金化業者を利用したほうがバレにくいわけです。

これは、自分で売買する場合は換金性が非常に高い商品の利用履歴が残りますが、その一方でクレジットカード現金化業者を利用している場合には、決済代行会社を通しますので、なにを購入しているのかなかなか把握できなくなります。

決済代行のシステム

クレジットカード会社は現金化を禁止していますが、現金化業者は利用者からクレジットカード払いを受けられるのです。
ただ、これは少しおかしな話です。

クレジットカード会社が現金化を撲滅したいのであれば、現金化業者がカード決済できないようにすれば良いだけの話です、
しかしそのように簡単な話ではありません。

クレジットカードの決済をするには、クレジットカード会社の加盟店にならなければなりません。
もちろん現金化業者が加盟店になるようなことはできません。
そのため、決済代行会社と呼ばれるカード決済だけを行う専門会社を通すことになります。
現金化業者がカード決済をできるようしているのです。

決済代行会社は手数料のためなら、クレジットカード会社では受け付けないような業種でも決済可能にできるほどなんでもします。
だからこそ、現金化業者は継続的にカード決済ができるわけです。

ただ、決済代行会社もリスクはあります。
決済代行会社が現金化業者の決済をしているような事実がクレジットカード会社にバレてしまうと決済代行会社は取引停止を受けてしまうこともあるのです。

そのようなリスクがある現金化業者の決済なのですが、決済代行会社というのは、そのようなリスクを背負ってまで現金化業者の決済をするのでしょうか。
それは手数料が多くもあらえるからなのです。

決済代行会社もいけないこととは分かっていながらも一般的な企業よりたくさんの手数料による収入がありますので、背に腹は代えられないのです。
だから決済代行会社は、現金化業者の決済ではないと思われるように工夫しているのです。

通常のクレジットカード利用の決済というのは、毎月何百億もありますが、現金化業者利用決済はクレジットカード会社に把握しようがないわけです。

コメント