どうすればクレジットカード現金化をすることができるの?

どうやってクレジットカードを現金化するのか、わからないことも多いと思います。
クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法というのは、大きく分けると2つになります。
1つは自分で商品を売買して現金化する方法です。
そして2つは現金化業者を利用して現金化する方法です。
どちらが良いかはケースバイケースで一概にはいえません。

自分で売買する現金化って?

自分で売買する現金化というのは、クレジットカードが利用停止になるリスクがとても高いです。
ただ、やり方によっては高い還元率を実現することができます。
ただ、どうしても手間がかかります。

業者でやる現金化というのは、クレジットカードが利用停止になるリスク自体は低いのですが、実質還元率は80%以下です。
しかし、手軽に即金を手にすることができるのです。

手軽に即金を手にしたいのであれば、業作yによって現金化、さらには時間に余裕があるのであれば、自分で現金化に軍配が上がります。
それぞれのスタイルに合わせて、ベストな現金化方法を選ぶようにしてみてください。

法律的にどうなの?

法律的には大丈夫なのでしょうか?
クレジットカードの現金化、法解釈によっては色々な意見があると思います。

グレーではあるのですが、決して違法ではありません。
それがほとんどの見解だと思います。
クレジットカード会社の利用規約においては禁止されているのですが、商取引の体裁を取っています。
そのため、法律で規制できないというのが現実だと思います。

否定的な意見もあるのですが、審査もなく即金を手にできるというのはクレジットカードの現金化だけ、という側面も否定できないのです。
即金を手にする方法を模索しているのだと思います。

生きていく上で、どうしても今すぐ現金が必要だということも多いと思います。
その時、サクッと現金が振り込まれるクレジットカード現金化が重宝されるのです。
世の中で必要とされているサービスの場合には、それは紛れもない事実だと思います。

クレジットカード現金化による問題は?

クレジットカードの現金化が問題になっている理由についてご紹介します。
いくら世の中で必要であるといわれているサービスであっても、クレジットカードの現金化が問題なのは、多重債務の原因となってしまう可能性があるからです。

借金が雪だるま式に膨れ上がってしまう人の特徴としては、借金にさらに借金を重ねてしまうことが関係しています。
キャッシング枠が一杯になってしまったのであれば、今度はショッピング枠を使用して現金をつくろうとしてしまうものです。

現金欲しさにショッピング枠を現金化したとしても、その後に買い物の返済をしなければならないというのは当然です。
ただ、お金が必要になるのはまさに今です。

今をやり過ごすことができるのなら、その後の返済のことなど考えていられません。
急に現金が必要になった場合に、審査を必要としませんし、すぐに現金が手に入るのがクレジットカードの現金化です。
そして、即日で換金してくれるサービスを展開しているものがクレジットカードの現金化業者なのです。

ショッピング枠の現金化

ショッピング枠の現金化についてですが、クレジットカードには、買い物において決済で使用するショッピング枠に付随し、お金を借りることができるキャッシング枠があります。
しかし、お金を借りることができるキャッシング枠というのは、ショッピング枠に比べると限度額がとても少なく、すぐに使い切ってしまうものです。

そこで、まだ枠の残っているショッピング枠を利用することで買い物して、それを売却し現金に換えるのがショッピング枠の現金化なのです。
つまり、何らかの商品を購入する形で現金化を行うということです。

自分自身で金券などをクレジットカードで購入して売却し、現金化したり、現金化業者を使い、即日で現金化を行ってくれるサービスを利用します。
どのような方法でも結果としては現金を得ることができるのですが、手間を一切惜しまずに高換金率を狙いたい人なのであれば自分自身で売買する現金化がおすすめです。

自分で売買する現金化のメリットですが、やり方によっては還元率を最大限にまで高めることができます。
そして自分で知識を深めつつ楽しみながら現金化できるのです。

自分で売買する現金化のデメリットは、換金率の高い商品というのはクレジットカード会社も目をつけていますので、利用停止のリスクにさらされることになります。
換金率の高い商品を購入し、高く買い取ってもらえる店舗に持ち込む必要がありますので、手間がかかってしまいます。

時間と手間がかかるため、すぐに現金を手に入れたい人にはあまり向いていません。
換金率の高い商品、高額の買取業者は常に変動していますので、情報収集がなかなか面倒になります。
店舗に行ったり、商品を郵送するといった労力もかかってしまいます。

コメント